上野毛あだちクリニック
世田谷区 乳がん検診
診療案内
乳腺外科
外科・消化器科
日帰り内視鏡検査 内科
痔日帰り手術 肛門外科
特定健康診査

乳腺外来について
乳がん検診 乳腺ドッグ
癌が見つかった場合
マンモグラフィー検診

がんリスク検査
がんリスク検査

プラセンタ注射 ビタミンプラス注射
健康維持・回復注射

クリニックご案内
概要・アクセス
院長ご挨拶
院内紹介
よくある質問
医療提携病院
職員募集


マンモグラフィ


Q1 マンモグラフィー検診って何?
マンモグラフィーは乳がんを診断する方法のひとつで、乳腺・乳房専用のレントゲン撮影です。
マンモグラフィー検診は、このマンモグラフィーを使った乳がん検診のことです。

Q2 どうやって撮影するの?
右のイラストのように、乳房を挟みながら圧迫して上下方向から一枚、左右方向から一枚、撮影します。

Q3 どうして圧迫しなければいけないの?
乳房を圧迫しながら薄く均等に広げます。
広げることにより、少ないレントゲンの量で乳房の中をより鮮明にみることができます。

Q4 痛いの?
挟むことにより、痛みが伴うこともありますが、これは病気を見つける上でとても大切なことです。

Q5 放射線(レントゲン)撮影ってからだにとって危険じゃないの?
マンモグラフィー撮影の放射線が人体へ及ぼす危険性はほとんどありません。

Q6 マンモグラフィーで何がわかるの?
触っても判らないような早期の発見の小さな乳がんはもちろん、しこりを作らない乳がんを白い影(腫瘤癌)や非常に細かい石灰砂の影(微細石灰化)として見ることができます。

Q7 視触診や超音波検査(エコー)じゃだめなの?
視触診も超音波検査も乳がんを調べる大切な方法です。
マンモグラフィーを視触診と併せて行った乳がん検診は、視触診だけの検診や超音波検査を併用した検診に比べて、2〜3倍の乳がんの発見が可能です。

Q8 乳房に気になることがあれば、どこに行くの?
すぐに乳腺外科、乳腺科、外科の乳腺外来等と標榜されている乳腺の専門家を受診し、そこにいる乳腺の専門医のもとできちんと検査等を受けて、診断してもらうことが大切です。

-----

内科・外科・消化器内科・内視鏡内科・乳腺外科
肛門外科・乳がん検診・マンモグラフィ設置
診療時間
※土曜日の午後の診療は 13:30〜15:00 となります。
受付終了は診療終了時間の30分前までとなります。
水曜日・日曜日・祝日は休診させていただきます。

当クリニックまでのアクセスはコチラ

Copyright(C)2012 医療法人社団 開雲堂 上野毛あだちクリニック. All rights reserved.